assaulter's diary

最近はバイクブログと化している...

【読書】SQLアンチパターンを流し読み

SQLアンチパターン

SQLアンチパターン

諸事情により、Reactと戯れる業務から、RailsAPIを書く業務に移行した(転職はしてないです)

SQLにほとんど触れること無く過ごしてきたのでざっくり↓の本で基本を理解しつつ、

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

会社の本棚にあったこの本を手に取ってみた。

流し読みした感想

タイプ的には必要になったら読むタイプの本だと思う。なので深く読むことはせずに、パタンをなんとなく脳に入れておき、実際に見たときにこの本の存在が思い出せれば良いだろうか。

覚えて置きたいキーワード

  • 交差テーブル

    • 多対多を作る中間のテーブル君
  • EAV

    • id, attr_key, attr_val みたいなスキーマで便利テーブルを作っちゃう
  • EAVの対処法として

直近困っていること

RailsActiveRecordが、適当に書くとそもそも構文として動作しないSQLを吐くこと...ですかね

リレーションにラムダ渡して、使う際に何かを強制しておくみたいな実装が多いんですが、これが予期せぬ副作用をもたらしたりするので、なんとなくアンチパターンなんだろうなぁと思ったりしています。

次はそういう本とかに触るべきかな。 何かおすすめありますかね〜