読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

assaulter's diary

最近はバイクブログと化している...

AmazonS3とiOS間でファイルをやりとりする(その1)

iOS AWS

お久しぶりです。

AmazonにS3っていうストレージサービスがあるんですが、それをiOSで使う機会があったのでメモしておきます。

準備

・AWSアカウント

・AWS iOS SDK

・AWSアカウントのアクセスキー

参考文献:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1203/09/news120_2.html

Exceptionを発生させないようにする

How Not to Throw Exceptions with the AWS SDK for iOS - https://mobile.awsblog.com/post/Tx2PZV371MJJHUG/How-Not-to-Throw-Exceptions-with-the-AWS-SDK-for-iOS

で、どうやらiOSにおいては、Exceptionはユーザー体験に影響をおよぼすところでは使われない模様です。(Facebook SDKの場合も、NSErrorのポインタ渡してごにょるって操作してた)

iPhoneアプリの通信エラー処理を考える - iOS Advent Calendar 2011 - ninjinkun's diary

というわけで、AWSのブログのように、Exception投げないでね設定をしておきましょう。

Amazon S3の簡単な説明

S3 -ほぼ週刊AWSマイスターシリーズ第2回-

こちらの7ページ目を参考にすると、バケットを作ってそこにオブジェクトを置いていく感じになります。

S3 iOS SDKにはバケットを作るAPIもあるのですが、ユーザーにそれはさせなくて良いという判断で、バケットだけは先にコチラで作って置きます。

なので、次に説明するアップロード、ダウンロードのフローチャートは、バケットが既に用意されていることを前提に書いてます。

ファイルアップロード、ダウンロードのフローチャート

f:id:assaulter:20130725092326p:plain

 

 

 

 

f:id:assaulter:20130725092317p:plain

 

 

 

シンプル!

次回はサンプルコードを載せます。