assaulter's diary

主にバイクについて

新戸キャンプ場で梅雨の合間にキャンツー

奇跡的に土日曇り予報だったので新戸キャンプ場に行ってきました。

www.shindocamp.com

アクセス

海老名SAから40分前後でめちゃくちゃアクセスしやすい

当日の流れ

新戸キャンプ場の雰囲気など

場内はこんな感じ。草があんまり生えてないので虫がほとんどおらず快適だった。

土は硬い。タープ標準装備のペグは曲がったのでソリッドステークで固定。

キッズが泳いでたりしました。当日30度いかないくらいだったので寒そうだった。

料金はバイクテント泊で1,400円

直火禁止で焚き火の灰などは捨てる場所があるがそれ以外のゴミは持ち帰り

トイレはそれなりにきれいで自販機と売店もある。薪は420円だったかな。

いやしの湯

近場で昼食も済ませようってことで移動

食事処兼休憩スペースが結構広めで浴室も余裕があり、道志近郊でキャンプするなら秋山温泉かなと思ってたけど、アクセス的にはこっちが良い。料金は3時間チケットが確か700円強だったはず。

鯖缶 + トマト缶 + ダイエーの高いソーセージを煮たやつ

豚バラにチーズ乗っけて青じそ。カロリーの塊。

総括

都内からアクセス良くて満足度高かった!おすすめっす。

キャンプから帰ってくると現実に引き戻されるよね...

FJR1300ASをレンタルした(軽いインプレ)

bike-rental.yamaha-motor.co.jp

こちらのヤマハバイクレンタルに会員登録した際に、4時間無料チケットを貰った。せっかくなので一番良いバイクを借りようということで、ヤマハのツアラーのフラッグシップモデルなFJR1300ASをレンタルしました。

4時間サクッと借りようかなと思ったのですが、どうやら8時間乗っても +1,600円らしいので8時間借りることに。提案してくれた店員さんありがとうございました。

外観など

普段乗っているVFRも大きい方だと思うのですが、更に全長が+100mm近くあって横幅も大きいので威圧感が半端ない。

フロントフォークの幅から大体わかると思うのですが、半端ない横幅。

シート高は805 or 825mmで割と普通なのですが、シートも横幅があって、両足つこうとするとがに股になる。

ASなので、クラッチがありません。

チェーンと比べるとメンテが楽?なシャフトドライブ。

インプレ

YSP西東京奥多摩〜大菩薩ライン〜中央道でYSPへ

というルートで走ってきました。まずは気になった装備について。

YCC-S(ヤマハ電子制御シフト)

クラッチレバーがなく、変速操作は左足のシフトペダルと左ハンドルスイッチにあるハンドシフトレバーのどちらでも変速が可能。「クラッチを握る・半クラッチ操作・アクセル調整・クラッチレバーを離す」という操作からライダーは解放され、快適な走行性を実現した。また、オン/オフ選択可能な「STOP MODE」シフト機能を装備。市街地での渋滞、信号などでの停止時において、車速・エンジン回転数・使用ギアの情報を検知して自動的に1速になり、停止時のシフトダウン操作が不要となる。

ホンダのDCTと違って、変速は自分でする必要がある(シフトダウンは自動だが、あくまでエンストしないように補助的な機能っぽい印象)が、半クラがかなり賢いのと、シフトチェンジの際のショックの少なさはこっちのほうが上だった(X-ADV比較。4発だから?)

これのおかげで、300kg近いんですがむしろ街乗りも楽。次買うんだったらこれかDCT的なやつにしたい。

クルーズコントロール

3速以上のギアで、走行時にセット可能。クルーズコントロール設定後の速度の昇降は、スイッチのワンプッシュ操作で2km/h 毎、押し続けることで連続昇降させることができる。またキャンセルは、ブレーキ操作、クラッチ操作、スロットルグリップ操作などで可能。

神装備。ただし空いてる時限定かな。。。

車って思いの外一定速度で走ってくれないのが分かった。

電動スクリーン

走行中に調整できるのが便利。

ただし一番上にした時に、ヘルメットの上部に風があたってちょっと気持ち悪くなった。

ハンドル位置がかなり高めで伏せるの難しそうだったので、もうちょっと長さが欲しい。

電動調整サスペンション

FJR1300ASでは、電動調整サスペンションを搭載。フロントの減衰力、リアのイニシャル・減衰力を統合的にバランスさせ、自動設定。また調整はメーターのマルチドットディスプレイで確認しながら、多機能ハンドルスイッチにより行なえる。設定は、「1人乗り」「1人乗り+荷物」「2人乗り」「2人乗り+荷物」の4パターン。それぞれに「ソフト」「スタンダード」「ハード」から減衰力を選択、さらに7段階(0 ~ ±3)に微調整でき、トータルで84通り(4×3×7=84)の調整が可能。

便利かつ、そもそものサスのデキが良い気がする。

クソデカバイクだし、峠はどうなんだろうと思ったけど、想像以上に良くて、なんだこいつ完璧か?と思った。

総評

長距離弾丸ツー国産最強・・・?

高いんですけど、対抗として思いつくのがゴールドウイングとかR1250RTとかなので、実はこのジャンル最安なのでは。

ふもとっぱら初キャンプ with UCOの焚き火台

ゆるキャン△にも出てきた富士山を一望できるキャンプ場についに行ってきました。

残念ながら富士山は写真に収められなかった。

GW激混みだったらしいですが、入り口から遠い方はかなり空いてました。

キャンプ場情報

fumotoppara.net

  • 予約制
    • 当日の渋滞回避のために、ホテルの清掃札みたいなのが郵送されてくる(伝わるかな...?
    • 2,000円
  • フリーサイト
  • 風呂付き
    • かなり激混みですが、キャンプ場で風呂はありがたい
  • 炊事場はかなり貧弱
  • トイレは仮設タイプが結構あって並ぶことはなかった

UCOの焚き火台

34×25.4×28.5cm の方を購入してみたので軽くインプレ

LOGOSの激厚アルミがジャストサイズでした。

薪によってはちょっとはみ出すかも。

付随のアミにスキレット載せるといい感じ。

横からかろうじて薪も補充できる!

基本ソロキャンパーの集まりみたいなキャンプばっかりやってて、まともなキャンプ台持ってなかったのですが、QoL上がりますね。これは買ってよかったと思いました。

VFR800FのタイヤをMICHELIN ROAD5にした

前回交換したのが

assaulter.hatenablog.com

なので、丁度2年ですね。

総走行距離20,000km強での交換となったので、ロードスポーツ自体は12,000kmくらい。思ったよりライフがありました。

交換前のロードスポーツくん

新品のRoad5くん

近所のラフアンドロードで工賃コミコミ52k也...決め手はこのパターンですね。ライフも長いっぽいので15,000kmはいけるんじゃないかなぁと勝手に思っています。

次はGW明けにディーラーに行って、ブレーキパッド交換だ!

CRF250Lのオイル交換(フィルターも)

HondaのQ&Aより引用

エンジンオイルの量を教えて。

全容量1.8L、オイルフィルタ交換時1.5L、オイル交換時1.4Lです。 交換時期は、初回1,000kmまたは1か月、以後6,000kmまたは1年毎です。 エンジンオイルの量は日常点検項目です。点検・補給方法は「取扱説明書」をご覧下さい。

4,000km弱走行した(というか一年たった)ので、オイルとフィルターを交換しました。

用意するもの

消耗品

【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 4928

【Amazon.co.jp限定】 エーモン ポイパック(廃油処理箱) 2.5L 4928

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

道具

ソケットレンチ

  • 8mm -> オイルフィルター交換に使用
  • 10mm -> エンジンガードを外すのに使用
  • 12mm -> ドレンボルトを外すのに使用

作業ログ

エンジンガードを外す

ボルト2本外すだけで大丈夫でした。てゆうか樹脂製だったのかこれ...

ドレンボルトを外してオイルを抜く

結構外すの固くて方向あってるのか不安になりましたが、普通に右ねじでした。

オイル量少ないんで、小さいポイバッグでも余裕。

止まってもちょっと車体を揺すると出てくる。出し終わったらドレンボルトを締め直す。

オイルフィルター交換

少しだけ緩めてもバネのちからでオイルが漏れてくるので、今回はこういう感じでポイバッグに流れるようにして外した。

オイルフィルター取り付け

ガスケットにオイルを薄く塗って取り付け直す。

レブル250って文字が見えるので、アレも交換簡単そう。

オイルを入れる

1.5Lらしいので、一本目は豪快に入れる。

二本目は窓を見ながら(車体が寝ているので垂直にしつつ)補充。以上!

稲ヶ崎キャンプ場で2019年初キャン

もう3月ですが、2019年初キャンということで、稲ヶ崎キャンプ場に行ってきました。

キャンプ場情報

inagasaki.world.coocan.jp

オートサイトとフリーサイトがあるのですが、今回はフリーサイトを選択。テント3張で540 * 3円と激安。

フリーサイトは駐車場から少し離れた場所にあるので、一輪車で荷物を移動しないといけないのがちょっと面倒だった。

f:id:assaulter:20190303180539j:plain

設備など

  • 水洗式トイレ(洋式)
  • 炊事場
  • 自販機
  • ゴミ捨て場

値段の割には結構いい感じの設備。

周辺で訪れた施設など

上総屋京兵衛

海ほたるに集合し、昼食をいただきました。

鴨汁そば。大きさが揃ってない、手打ち感のあるちょっと太めの蕎麦。うまし。

七里川温泉

キャンプ場からわりとすぐのところにあります。久しぶりに硫黄系の温泉に入りました。入ったあと異常に眠くなったので多分効果あるはず。

休憩スペースが実家のような安心感?があるのでおすすめです。

感想

22時くらいまでは街灯がついてて、ヘッドライトなしで移動できるので楽。そのかわり近所の公園感がありました。 

池の近くにあるので、夏場は虫が多いかも。野良猫?がいたので食料には注意が必要。

河内川ふれあいビレッジで冬キャン

2018年最後の冬キャンということで、河内川ふれあいビレッジに行ってきました

河内川ふれあいビレッジ

【公式】河内川ふれあいビレッジオートキャンプ場 | 神奈川県山北町

いわゆる高規格オートキャンプ場。 設備が無茶苦茶良い代わりに1サイト4,000円とちょっとお高めですが、ソロ用テントであれば3人くらい行けるかな?という感じの広さで、その場合には割り勘にできます。

設備等

一番すげぇと思ったのは、普通にお湯が使えます。

トイレも道の駅レベルで綺麗で、自販機もあるので冬キャン向きかと。

インプレ等

大井松田IC -> 246 -> 76入ってすぐでアクセスもよく、割と大きめな道路沿いなので安心感があります。

その分、キャンプしてる感(謎表現)はちょっと薄いかもしれません。

就寝

前回 オレンジ村オートキャンプ場でキャンプした話 - assaulter's diary の教訓を元に、更にエアマットとグランドシートを追加してみました。

  • ↑テント
  • シュラフ+インナーシュラフ
  • エアマット
  • コット
  • グランドシート(普通のブルーシート)
  • ↓地面

気温計を持ってなかったので温度はわからないのですが、

朝起きたら普通に水が凍ってたのでマイナスほげほげ℃とかですかねぇ。

感想など

割と普通に眠ることができたのですが、夜中2時頃に尿意で目が冷めたときに気づいたこととして、テントの内側にめっちゃ水壁が付きますね。というかそれも普通に凍ってたんですが...

ワンポールテントの性質上なるべく中央にコットを設置しないとシュラフが濡れるので注意ですね。

今回は殆ど風がなかったのですが、グランドシートを折り曲げて地面とテントの隙間を埋めてたのでこれは効果ありそう。ただし今のシートだとテントより小さいので、同じものをもう一枚用意するか、なんかもっと良いものを買うべきかちょっと悩み中。。。

あと、シュラフは絞っても完全に外界からシャットアウトされるわけではないので、鼻とその周辺が普通に寒い。あまりにも寒いので上からバイク用ジャケットを被って寝てましたが、どうするのが正解なんですかね???

改善点

結果として2時から7時半までは一度も起きることなくぐっすりと眠ることができたのですが、朝は足が冷えていたので、ホッカイロ2,3枚使用していればもうちょっと結果が良かったのではと思いました。(荷物に入れるのを忘れて机に置きっぱなしだった...

それとやっぱり、背中がほんのり寒い。

現状の装備品だと残るは銀マットなんですが、積載できなくも無いんですよねー。どうしようかな?

それでは皆さん良いお年を。